ビーンズ2.jpg

爪水虫とは?水虫症状・水虫治療法は?

爪水虫 (つめみずむし)とは、手足の水虫が進行し、爪の間に白癬菌が侵食して、爪自体が水虫となっている症状を言います。

(症状)
足の爪などを不摂生に伸ばしていると、そこに汗や垢などの汚れが溜まり、それが白癬菌の温床となる。長時間ブーツなどを履いたり、雨でぬれたりすることで発症します。最初は爪ではなく、爪と隣接する指先が水虫となるケースが多く、そこから爪の間へと感染します。

爪水虫になると、初期では爪の先の色が白っぽくなるだけで自覚症状はありません。しかし、次第に指側に侵食していき、最終的には爪全体の色が、白色・黄色・黒色に変色します。爪水虫となった爪は、盛り上がったように生え、ボロボロと崩れ始めます。それにより、新たに白癬菌をばら撒き、新たな水虫の原因となります。

(患者層)
爪水虫は、長期間にわたり水虫を患っている人ほど、かかりやすい病気です。中高年が患いやすい病気ですが、今や10代や20代であってもかかる病気です。かつては男性の病気とされていましたが、女性がブーツを履く機会が増え、OLさんは靴を履き続けることが増えたため、女性でも爪水虫にかかる方が増えています。

(危険性)
水虫の症状としては、末期にあたるものであり、極めて早い治療が必要です。初期であれば、比較的に早く治療することが可能なので、早急に医師の診断を受けることが第一です。内部まで進行した爪水虫は、医師の処方した内服薬なしには、完治は困難です。ごく初期のものであれば、進行した爪を爪きりで切断し、皮膚には外用薬を塗ることで、完治が可能です。
症状が進行すると、靴が履けなくなったり、歩きにくくなったりするなど、日常生活に支障をきたすケースもある。たかが水虫と侮りがちだが、糖尿病の人は合併症の危険もあります。また、生活スタイルが同じである以上、他の指にも爪水虫が拡大し、家族などにも感染が広がる可能性も高いため、早期治療が必要です。

(治療法)
進行した爪水虫は、長期治療を要するため、毎日服用すると胃への負担がたいへん大きくなります。そこで最近では、1週間飲んで、その後3週間は飲まない。これを3回繰り返す(3ヶ月で21日間)「パルス療法」が一般的な治療法となっています。
posted by 悩める乙女 at 21:33 | ・爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。